読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うどんチャネル

いろいろ精一杯

幼稚な自分を自覚し育てること

「食べたら歯を磨こう」とか「遊んだらお片付け」とか「失敗して迷惑をかけたらごめんなさいして、次失敗しないようにしよう」のような、子供のうちに身につけて当たり前にできるようになっておくべきことが恥ずかしながら未だにできません。

たぶん、小さい頃は「納得できないけど、叱られるから仕方なく従って」いたんだと思います。

とくに「失敗したら謝罪より改善」は壊滅的にできなくて、かつて部活でめちゃくちゃ迷惑をかけてしまっていました。

先輩「どうしたらできると思う?」
私「すみません、私がもっとしっかり注意していれば……」
先輩「そうじゃなくて」
私「すみません」
先輩「だから謝るんじゃなくて……」

うわあああああ書くだけで恥ずかしいもうやだほんとごめんなさいまるで会話が成り立ってません。ワンコの方がよっぽどお利口さんですね。お手!

ここで求められていたのは謝罪ではなく具体的な改善策でした。が、それに気付いたのは部活やめてしばらく経ってからでした……orzこのころの私は失敗すると萎縮してしまい、さらに先輩や周りの方の意図が汲み取れず申し訳なくて余計萎縮するという悪循環にはまっていました。

「謝ってほしいんじゃなくて、どうしたら次失敗しないのか聞きたいんだよ」とバカの私にもわかるように噛み砕いて聞いてくださった方もいたのですが、私は改善策など思い付かず、黙りこんでしまいました。

今思うと「分かりません」でもなんでも良いから何か一言言えばよかった。「分からない」なら何が分かってないのか考えるなり、「分からない」ことを踏まえてじゃあどうしたらいいか考えるなり次のステップに進めたはずだからです。でも私は自分が悪いのだから分からないなどと言ってはいけないし自分でなんとかしないといけないと思っていました。

そして、結局なにも考えてないから同じ失敗を何度も何度も繰り返していました。

今は、失敗すると思考停止する癖を自覚し「すみません」はなるべく一回までと決めて、謝ったら気持ちを切り替えるようにしています。困ったらとにかく相談・質問する。自分が悪いのだから自分で、などと言い訳して抱え込まずに、やらかした自分に求められているのは改善のみと考え、改善のためにあの手この手を尽くす。

完璧に実行できているとはいえませんが、少なくとも以前のように同じ失敗を繰り返すことはなくなりました。


ネットやテレビを見ていると私と似たような人に対する批判をよく見かけます(私が意識しすぎてるせいかもですが)初めて見たときは「私だけじゃなかったんだ……!」とびっくりしました。

同じようなことでつまずいてる方、まじで一緒に頑張りましょう。もう子供ではないから、誰も育ててはくれません。幼稚さを受け入れて当たり前のことを当たり前にできるようになろう。